歯磨きを嫌がる子ども|JR千葉駅7分、京成千葉駅5分、千葉中央駅5分の歯医者・歯科|デンタルオフィス千葉中央

年中無休

日曜日・祝日診療

キッズコーナー

無料駐車場近隣パーキング無料利用可

滅菌衛生管理

初診ネット予約

千葉中央駅5分/京成千葉駅5分/JR千葉駅7分

043-204-1182

千葉県千葉市中央区新田町2-17 KDX千葉中央レジデンス1F

歯磨きを嫌がる子ども

投稿日:2018年4月24日

カテゴリ:スタッフブログ

うだるような暑さから一変、昨日は上着がないと寒いくらいに冷え込みましたね。

間近に迫ったゴールデンウィークは、概ねお天気が良さそうで、楽しみな筆者です。

 

さて、今日は歯磨きを嫌がる子どもについて。

歯が生えてくると、歯磨きをします。

自治体の集団検診でも、歯磨きの指導を受けますよね。

でも、大半の子どもは歯磨きが大嫌い。

大人でも好きじゃない人が多いくらいですから、子どもが嫌ってしまうのは、当然のことです。

そこで、歯磨きを嫌がる子どもに対して、我が家で試してみた方法を書いてみます。

 

我が子も例にもれず、歯磨きが嫌いでした。

「歯磨きするよ!」というと、「や~だよっ!」と走って逃げていきました。

どうしたものか、いろいろと考えた結果、「お気に入りを作ってあげる」ことにしました。

 

歯ブラシ、歯磨き粉、口を漱ぐときのコップ、全部子どもに選んでもらいました。

我が子はちょうどポケモンにはまっていたので、ポケモンの歯ブラシ、コップを買い、歯磨き粉は残念ながらポケモンがなかったので、「好きな味」のものを購入しました。(ちなみに我が家はいちごでした)

 

そして、家に帰ってから、それぞれに「お名前シール」を貼りました。

すると、とても嬉しそうに「〇〇(名前)の~!」とはしゃぎ、「歯磨きしよう」と言うと、にこにこしながら洗面所へ駈け込んで行きました。

そして、「ママの真似して~」と言いながら、向かい合って私も一緒に歯磨きをし、時々変顔を入れたり、「上手上手!」とおだてたり、とにかく歯磨きの時間を「楽しく」するようにしました。

 

今では、洗面所から子どもに「ママ!歯磨きするよ!」と呼ばれるようになりました。

(変顔は子どもがしてくれるようになりました)

 

先生のご指示によっては、特定のものでしか歯磨きができない場合もあると思います。

そういうときは、ぜひ、お子さんの使うものに「名前」を書いてあげてはいかがでしょうか。

子どもは「自分専用のもの」が出来ると喜びますよね。

 

以上、我が家の「子どもの歯磨きについて」でした。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る